2011年03月03日

GN 日本産と中国産のちがい

他の方のGN125Hのブログや、YouTubeの動画を見せていただくに、
同じのようで少し違う、国産と中国産のGNの違いをわかっているだけ
画像で紹介します。

F1000024.JPG
スピードメーターが50km/h以上は赤の危険ゾーンの表示がある
両メーターの下部に ND とメーカー名らしき表示がある
おGN号にはインジケーターとキーカバーはありませんでした
キーシリンダーの周りはねじ込みにはなっていません

F1000026.JPG
リアサスの形状が違う。ダンパー調整用の穴がある

F1000027.JPG
フロントフェンダーの先端に白のマーカーがある(国産125ccの表示です)
リアの三角表示(国産125ccの表示)は最初からなかったです

F1000025.JPG
レギュレーターの形状が違う。(国産の方が羽根の多く、大きい)

F1000022.JPG
チョークの形状が違う。
(始動時はチョークを引くじゃなくてチョークレバーを下げる)

F1000029.JPG

タンデムバーは溶接してなくて、ボルト4本で固定されている。
不要なら簡単に取ることができる
タンデムバーは初期型にはキャリアーが付いていますが、後期型にはないみたいです。


ぱっとみいは同じなんですが、
マジに見るといろいろ仕様が違っているのがわかります。
また気付けば報告いたします。



posted by udonko at 21:39 | 滋賀 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック