2011年07月19日

おのおのの全国ミーティング

当日参加されたのは、16組17人だったと思います。
道の駅木曾福島に午後2時30分集合ということで、
それぞれの道をそれぞれ流に走ってこられたんだと思います。
そして解散後、泊まりで、またそれぞれのツーリングをされた方もたくさんおられます。


16通りの旅の思い出話を共有できるなんて本当にすばらしいことだと思います。

実は・・・・。
私も集合地に着く前に小さな旅を済ませて合流しました。
(出発をもう少し早めにしていたらな〜と少々後悔はしております。)


我がおGN号にはタイムリープできる性能がございまして、
30年前の思い出の地に行っておりました。
題して 「時をかけるおGN」
なんちゃって、冗談です。
ええ歳こいてなに言うとんね!!


 

ADF.jpg
 

写真は30年前の美濃加茂市日本ラインの看板前。
若い青年が3人それぞれ違う方向を見て写っているでしょう。
そう右端のスリムなセーターの男前(??)が私です。二人は中学時代の悪友Y君とK君です。
そうあのバイクの不良の道を教えてくれたK君とこの間CB-400をお釈迦にしたY君です。

確か、大学の入学手続きを済ませて3人で信州方面へ旅に出たときの1枚目の写真です。

それぞれが違う道に向かう様に違う方向を見ている
そんな意味合いで撮ったんだと思います。見事に別々の方向を見ているでしょう。

その写真に、今のパソコンの画像合成テクニックを駆使して出来上がった画像がこれです。


 

2.JPG


 

あなたなら30年前の自分に何を話します??。
当然歴史は、パラレルワールドとし、1つしか未来のことが話せないなら・・・・。
まるでドラマ「仁」のようですが。


大学生活のこと?結婚?仕事?もっとリアルに先週のロト6の当選番号?
それともこの旅行で一人先に帰り高速で免停スピード違反するK君のこと?
(当時彼は何で先に帰ることを止めてくれなかったかとY君と私に逆切れしてましたので・・)


考えるといろいろ浮かびますが・・・。
当時の私に一つだけ言っておきました。
それでその世界の未来が変わればいいなと思います。
何かって。
それはひみつということで。


わずか30分ほどの時間旅行でしたが、これが、私流のもう一つの今回の旅の目的でした。

でもよくこの場所が探せたと思いませんか。
30年も前の看板が残っているなんて。
対岸の船着き場を一応目印に、
Googleのサイトビューでそれらしき場所と看板を目印に探し当てたということです。


 

F1000164.JPG



他の15組のお話も是非聞きたいもんです。
またブログ徘徊しますんでよろしく。


これでミーティングのツーのお話は終わります。
一番に終わったんと違うかな〜。
次回は、今回のツーのルートについてということで。

posted by udonko at 23:39 | 滋賀 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック