2015年01月30日

一番の実感

昨日、エンジンのヘッドカバーのシールを済ませたのですが、その記事はまた後で・・・
なにせ、こう寒いと、ツーリングネタが極端に少なくなりそうなんで、
ネタキープということで。



150128-175947.jpg

取り掛かる前に、捕充電を済ませたバッテリーを装着。
(おGN号の中 お恥ずかしいぐらい掃除できていません。きたな〜ぃ!)
外気温3℃の環境でも一発エンジン始動。
やっぱり、いいですね。バッテリーの新品は。
タイヤ、ケーブル、ブレーキ、オイル・・・etc。
何につけても一番のメンテナンス効果です。 

これでまた、オールマイティなバイクに変身しました。
通勤快速 コンビニ快速、お買い物快速 田圃の水管理 何でもござれですわ。


バッテリー充電器片付ける前に、ちょっと試しに、
ここ5年ほど放置プレー中のシグナスに繋いで直結でセルを回しました。
タンクには、さび止め用の3年もののガソリンが入っています。
キュルキュル  キュルキュル     キュルキュル

150129-162159.jpg


と3回ほどためしにまわすと、な〜んと4回目でエンジンに火が。
慎重に、アクセルを開くと、エンジンが目覚めてくれました。
さすが、メイドインジャパンです。
ちょっと涙が出るぐらい感動しましたね。

このシグナス125は初期の前期型で1984年式です。
ちょうどおGN号と同期ぐらいでしょうか。
この次のモデルから、台湾製になるので、
シグナスのスクーターでは貴重な国産車両です。
後輪ブレーキはフットブレーキなんですよ。もちろんメットインなんてありません。

お値段も新車価格25万ぐらいで、これまた、GNと同じくらいでしょうか。
今のホンダと違って、スズキ同様、部品もまだ、ものによっては残ってます。
弱点のセルモーターのクラッチの部品は取ってあるので、
いつでも再始動可能の状態です。


しかし、我が家には、タクトがあるんで、さすがに出番はないかもです。


gigiさんがお近くなら、もっていけたんですがね〜。
まあ、完全無欠な先輩が乗るにはちょっと欠点だらけなのも事実です。
押し付けちゃいけませんね。   すいません。

posted by udonko at 23:03 | 滋賀 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。
シグナス乗ってましたよ同型!
自分が乗ったあと友達の所に回って、今は倶楽部員の所で通勤車として活躍しています。
形も結構好きなバイクで今の型より欲しいですね。
Posted by kin at 2015年02月06日 23:21
kin様 コメントありがとうございます。

こちらこそ、ごぶさたしております。
え〜っこのバイク kinちゃん乗っておられたんですか?
別に、国産バイクにこだわってはいないんですけど、
通勤用にできるだけ安い125スクーターをという趣旨で、初オークションで手に入れました。
5年ほど通勤に使いましたが、レギュレーターがパンクした程度で、
ほとんど、手のかからない優れものでしたね〜。
でもね、やっぱり、ギァ付きのバイクに乗りたくて、GNにした次第です。
おまわりさんにも気に入ってもらえて、優秀納税者で2回ほど青色の表彰状もらいました。

娘と、琵琶湖一周した記念のバイクなんで、なかなか手放せないのが現状です。

Posted by udonko at 2015年02月08日 19:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/413233552
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック