2014年04月09日

過疎地域

今回のツーリングは、帰ってからもいろいろと楽しめることがあり、
本当に、内容の濃いバイクツーリングを楽しむことが出来ました。

あの本物のさば街道ですが、5月の第4土曜日には、なんと小浜からのマラソンがあるらしく、
約10時間かけて、昔さながらのコースを楽しむ催し物があるらしいです。
バッティングしてたらそれこそ、大恥かくとこでした。
「京は遠くても18里」 このようにさば街道では言われてきたらしいです。


それと、たまたま、そんなコースになってしまったんですが、
洛北の過疎地域を巡るツーリングコースになりました。
でもね、ここは、腐っても京都市左京区なんですよ
あの清水寺や、平安神宮、銀閣寺、哲学の道、京大もろもろの左京区!!!
あまりにも違うと言えば、違いが大きいんですが・・・・

田舎の林道や、山道をバイクで走らせると、こんな過疎の村を走ることが多いです。
またこれが、私流のバイクツーの楽しみ方のひとつなんですが。


今回、たまたま、そんな過疎の村の廃校、休校になった学校を巡ることが出来ました。
いまどきの鉄筋コンクリート製の建物じゃなくて、昔なつかしの木造です。
(中には、コンクリート製のもありましたが・・・・・)

な〜んか 目を閉じると、子ども達の無邪気な声が聞こえそうで・・・・

f0213480.jpg

P1320898.jpg
上2枚は、久多小学校跡です
いい感じの木造の校舎じゃありませんか、下はNETでお借りしました
おそらく、小中学校なんでしょう、ちなみに今は、バスで、滋賀の学校へ通われているとのことです




f0215704.jpg
堰源小中学校 鉄筋コンクリート造の2階建て 
割と新しい建物なので廃校とは思えないレベルなんですが、
ツー後でそのことが解かりました、あの時感じた違和感はそのためか・・・・
今は、広域避難場所として、残されているみたいです
写真は、体育館と、右にプールですかね????





f0217672.jpg
花背小中学校 これも廃校跡です
ちなみに、ここは、周りの小中学校を統合して子供たちの人数が多くなり
下の、新しい校舎へ場所を変え移転したそうです。
f0232160.jpg






f0229608.jpg
ここが、もっとも早く休校になった越見小中学校です
昭和47年の休校ですので、もうかれこれ40年ですか。
校舎の前の桜  いい感じですね。
毎年、桜の花を咲かせて、あたらしい新入生を待ってるんでしょうか?
そう思うと、寂しい感じなんですが。
ちなみに、現在の村の人口は    0人なんだそうです。
走っていて、家や、畑はあるんですが、なにか不自然さを感じたのはそのせいでしょう。





NETでググルと桜の花を咲かせた頃の画像があったので拝借しました。
むっちゃ きれいです




omi20104b.jpg









f0229816.jpg
百井小中学校跡
ここと、越見小中学校は、大原小、中学校の分校なんで、今はそちらに通われているんでしょう
ちなみに、下の写真の峠を降りたところが大原の里です。
そりゃ、バスがなきゃとても通えない場所です。

現在建物は、研修や合宿などに使われてるそうです
(ちなみに、越見、百井学校周辺はAU携帯は圏外でした)

f0221904.jpg






140402155556.jpg

この看板に誘われて、あのまま続けていたら、八丁平というところに行き着き、
そこからの下りは、きっと難儀していたにちがいありません。
コース的には無理せず正解でした。








posted by udonko at 06:13 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月04日

本当のさば街道

昨日の続きです。

花背町の三叉路を鞍馬方向に舵を取ると、後はほぼいつものコースになります。
山間の綺麗な田舎道で、花背峠を下る、ワィンディングは、つづら折れの面白い道です。

でもね、気分は・・・・・。

いつもは、ちょっと気になる花背の町の建物を少し散策。
以前より気になってたんです。
きっと、地元の設計士さんがいらっしゃるんでしょうか?

140402142818.jpg

140402143002.jpg

140402143920.jpg

140402143242.jpg
(この建物だけ、何か公的施設ですかね?)

山里の、田舎の家にはとてもなじんではいないのですが、
まあ、それはそれで、自己満足の世界でしょうけど。


地元の暴走軽トラの尻を追っかけながら、峠の最高点へ、後は下りをと思って記念の一枚をと思い、
バイクを止めました。

すると・・・・・

140402144552.jpg

こんな風情のある立て札が・・・・


なになに さば街道 至若狭・小浜ですと。
こんな道、はじめて発見しました。
ここからの下りのワインディングのことで、いつも頭が一杯でしっかり見落としてました。

時計は午後3時前。何処に行けるのか解らんけど、時間的に一時間かかったとしても、午後4時
なんとかなるでしょう。

もうこの時点で、先ほどのテンションが、ぐっと急上昇です。
解らん、走ったことのない道 ってこうなんていうか、 ワクワク感でいっぱいになります。
舗装された道でしょうが、行こうじゃありませんか!


そして・・・・
あれ?
140402144644.jpg


あれれ?
140402145236.jpg

あれー !!!!

140402145508.jpg

こりゃ、本物のさば街道です!
(帰ってNETで調べました)

しかも、完全オフロード! 

テンションMAXです。

始めは、いい調子だったんですが、だんだんと・・・
「まあ下りですし、戻れなくなったら引き返そう」と思いながら、深みに・・・・

140402150142.jpg

でもよ〜く 路面を見ると、ブロックパターンのタイヤ跡が
キャラメルパターンじゃないんで、これはいけると確信。

けっこう下った感覚があるんですが、なかなか山里に着きません。
このあたり、地図や、ナビゲーションがあれば、助かるんですが・・・・
でも逆に、解からないことが、こう何て言うか ドキドキしていて楽しいんですよこれが。
140402151140.jpg

140402151220.jpg

こんなところや、あんなところ、走るラインを先読みして、バイクを走らす感覚。
オフロードの醍醐味 ってやつです。

140402151824.jpg
そこそこ暖かかったので、バイクを止め、トレーナーを脱いで休憩。
家から持ってきた缶コーヒーで一息。
もう既に、おGN号は、泥だらけ。オフ車顔負けの勇姿です。


140402152228.jpg
再スタートするやになや、支流の流れが、道にあふれてる箇所が。
ブーツが水没するのを覚悟で、一気に道の端を走り、土手に駆け上がりました。

えーと、ギヤーを落として・・・・・
あれ?あれれ?????

140402152426.jpg

なにか木の株に引っかかったんでしょうか?
これじゃ、ギヤ操作ができません。

こんな時、一人って言うのはつらいですね。
まあ、林道ツーリングは、基本二人以上でするものなんですけどね。

こんな時はタバコを一服。冷静に、冷静に・・・・・・
しばらく押して下ると、たまたま、小さな橋の補強用に敷き鉄板が置いてあり、
その釣り上げようの小穴を利用して、外したシフトバーを9割元に戻し、バイクに取り付け
後の微調整を足でこのようにして、直しました。

140402153744.jpg



140402154104.jpg
こんな感じ
ちょっと違和感はありますが、十分操作可能です。

140402155556.jpg

「途中まだまだ続くよ」   って看板がありましたが、ここで午後4時を少し回っていたので、
本日は、ここまで。

廃村らしい山里を通り、すこし大きい村へ。
案内板が出ていたので、走ってきた道をチェツク。

140402161422.jpg
久々のツーリングでの充実感を味わえました。
暑い夏、キャンデーを食べて、あたりが出て、もう一本  そんなお得なツーリングでした。

140402162506.jpg

途中越えいつものT字路に出て、後は、軽く家まで流しました。
帰宅後、本日走ったコースの確認と、その他いろいろをググリました。

そのお話は、次回ということで・・・・



posted by udonko at 22:29 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月03日

久しぶりのツー

やっと消費税がひと段落ついたのと、新年度になったということで、
ゆっくりと休みが取れました。
次は、田植えの季節に入るのですが、つかの間の気分転換に。

140402112520.jpg

前の記事は、2月半ばの雪化粧の記事でしたので、おおよそ1ヶ月半ぶりのUPです。
今年こそはと思いながら、はや3ヶ月が過ぎ、かなり反省気味です。
なかなか、残り10Mのディスク容量が消費できません。


さ〜てと 何処に行こうか?
久しぶりです、こんな贅沢な悩み事なんて。


140402124602.jpg
そんで、いきなり、R367 通称さば街道 びわ吉さんがよくご利用される道です。
綺麗な道路で、安曇川と国道を両サイドから山が迫ってる って感じです。
でもね、昔のR367は、この左側のくねくね道で、そりゃ夜走るにはとても怖い道だったんですよ。
車幅は狭いし、民家はないし、R161の抜け道でしたが、悪友達としか走りませんでした。

葛川のキャンプ場を過ぎしばらく行くと

140402125636.jpg
左折 久多の看板が見えます。
葛川から、花背峠に出る山道です。
むっか〜し、この道を行灯カブで下りてきて、砂利道の下り坂で恐怖を感じたことがありました。
今じゃ、綺麗なアスファルトに舗装されていると聞いているのですが、
もう一度行きたくなって・・・・・。


でも、道案内は、これ
140402130210.jpg
大丈夫だよね。一応、Googleマップで、下走りしてるから・・・・・・

地図を持ってのツーも久しぶりと言えば、ほんと久しぶりです。
その分かなりテンションアップの気分です。

140402130656.jpg


140402131436.jpg
 
すぐにこんな感じの山間の道路に。
行きかう車や、バイクは・・・・・   結構すれ違いました。(ちょっと残念な気分ですがしょうがない)

昔恐怖を味わったのは、滋賀に下る道でしたので、既に京都府に入ってしまってますから、
あの、道を再び味わうことは出来ませんでした。
(当時の私が、カブで恐怖を感じた道ですので、相当な道だったに違いないんですが・・・)

140402131928.jpg
頼りない地図ですが、目標物をひとつひとつチェツクしながらの走行ですので、間違いはありません。
久多の村の中心地で(この辺は、役場と農協と郵便局があれば間違いなく中心地です)
SR400のライダーと、なんとGN125のライダーに会いました。
GNのライダーさんにお会いできるなんてと思い、すぐに引き返したのですが、タッチの差で
お話することが出来ませんでした。
赤のGNで、サイドボックスを付けておられたと記憶してます。

久多の村をでしなにカーブミラーで一枚。
140402133412.jpg

山道なりにアスファルトの快適な道を抜けて、堰源小中学校に出てきました。
140402134532.jpg

140402134658.jpg

140402134922.jpg

そこの校門の前にある八幡さまの境内で、遅めの弁当を。
ここで、午後2時ちょうどぐらいでした。

川の水は、すこぶる綺麗で、鮎つりの釣り人が漁をたのしんでおられました。
なんと、そのおじさんのバイク

140402140436.jpg
これは、かの有名な、下妻物語の深キョンが乗っていた幻の DJ1−RRではありませんか
すでにかなり 逝ってる状態ですが、あのど派手なカラーリングは疑いの余地がありません。
あるところにはあるものですね。

140402141956.jpg
そうこう走ってるうちに、花背町の中心街へ
お約束どうり、役場と、農協と、消防署、派出所、ガソリンスタンド、スーパー 全て揃ってます。

後は、ここから、クネクネの花背峠の下りを楽しんで、このツーはほぼ完了です。
ここまでの、地図を見ながらの楽しいツーは、終了と言うことで、
かなりテンションダウンでした。


本日はここまで、続きは  必ず明日書きます。
posted by udonko at 18:34 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする