2015年01月30日

一番の実感

昨日、エンジンのヘッドカバーのシールを済ませたのですが、その記事はまた後で・・・
なにせ、こう寒いと、ツーリングネタが極端に少なくなりそうなんで、
ネタキープということで。



150128-175947.jpg

取り掛かる前に、捕充電を済ませたバッテリーを装着。
(おGN号の中 お恥ずかしいぐらい掃除できていません。きたな〜ぃ!)
外気温3℃の環境でも一発エンジン始動。
やっぱり、いいですね。バッテリーの新品は。
タイヤ、ケーブル、ブレーキ、オイル・・・etc。
何につけても一番のメンテナンス効果です。 

これでまた、オールマイティなバイクに変身しました。
通勤快速 コンビニ快速、お買い物快速 田圃の水管理 何でもござれですわ。


バッテリー充電器片付ける前に、ちょっと試しに、
ここ5年ほど放置プレー中のシグナスに繋いで直結でセルを回しました。
タンクには、さび止め用の3年もののガソリンが入っています。
キュルキュル  キュルキュル     キュルキュル

150129-162159.jpg


と3回ほどためしにまわすと、な〜んと4回目でエンジンに火が。
慎重に、アクセルを開くと、エンジンが目覚めてくれました。
さすが、メイドインジャパンです。
ちょっと涙が出るぐらい感動しましたね。

このシグナス125は初期の前期型で1984年式です。
ちょうどおGN号と同期ぐらいでしょうか。
この次のモデルから、台湾製になるので、
シグナスのスクーターでは貴重な国産車両です。
後輪ブレーキはフットブレーキなんですよ。もちろんメットインなんてありません。

お値段も新車価格25万ぐらいで、これまた、GNと同じくらいでしょうか。
今のホンダと違って、スズキ同様、部品もまだ、ものによっては残ってます。
弱点のセルモーターのクラッチの部品は取ってあるので、
いつでも再始動可能の状態です。


しかし、我が家には、タクトがあるんで、さすがに出番はないかもです。


gigiさんがお近くなら、もっていけたんですがね〜。
まあ、完全無欠な先輩が乗るにはちょっと欠点だらけなのも事実です。
押し付けちゃいけませんね。   すいません。

posted by udonko at 23:03 | 滋賀 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月28日

バッテリー交換

予定通り、今朝は朝から小雪が混じる空模様でした。
バイクに乗るなど、とてもとてもの世界です。
これまた、予定通りに、おGN号のオイル漏れの修理をしてやろうと倉庫に行ったのですが、
びゅうびゅうの北風が吹きつけ、囲いはあるものの、寒くって作業にならない。
ストーブにしがみつきながらの作業がはかどることもなく、途中でリタイヤ。

休日に、バイク整備して風邪引いたなんて、洒落にもならんですから。
先日、ポッチておいた、バッテリーが届いていたので、せめてこれだけでも付けることに。


150128-164859.jpg


あれ、9-BSってGNの規格じゃないのでは?
BS、って密閉式じゃなくって?(前回のとき、BSはだめですよ って言ったんじゃん・・・)

まあ、そんな小さなことは許してもらうことにしましょう。
サイズ的には、ケースの中に入るし・・・差額¥120ぐらいだし・・・。

前回のバッテリーはだいたい3年間もってくれました。
途中、バッテリー液が無くなってることに気づかず、ダメージを与えたと記憶してます。
そんなんで、今回はメンテナンスフリータイプを選んだ次第です。
まあ、2年はもってくれることを祈るばかりです。


バッテリーは、やっぱりGSユアサのものが一番いいのは判ってます。
海外製のざっと2倍は長持ちするでしょうけど、倍以上の価格差なもので、
どうしても、財布にやさしい あちらものの仕様になります。 (汗・・・)

バッテリー液を入れて、しばらく放置。
夏と違い、気温が低かったもので、明日もう一度、充電器で補充電してやろうと思ってます。

posted by udonko at 22:39 | 滋賀 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月21日

年式相応に・・・

中古のバイクの宿命と言えばそれまでなのですが。
さすが、メードインジャパンといっても、ガタはくるのはいたし方がないです。
乗り方が荒いんでしょうかね〜。

150121-164642.jpg

シリンダーヘッドとシリンダーの隙間からオイルが漏れています。
シリンダーのフィンに薄くオイルが付着しています。
2輪館のスタッフさんに部品照合してもらったんですが、
この間はガスケットはないそうで、直にボルトで圧着されてるそうです。
どんなバイクでも、年式相応にオイルが漏れてくるものみたいです。

市販の、耐熱シールをかましてやったらにじみは止まるでしょうと。
またまた、いらんもの買わされました。
まあこの辺は致しかたがないと我慢の範疇ですか。

それにしても、なんとかエンジン下ろさないで、シリンダーヘッド外せないかな〜。
エンジンをおろしとなると、さすがに面倒な仕事になるからな〜。


しかし、汚いエンジンですこと。
皆さんのGNとは大違いじゃないでしょうか?
これで、調子が悪かったら、メンテもいやになるんですが、
これがまた、すこぶる快調なものでして・・・
可能な限り汚れを落としてやろう〜と。
posted by udonko at 19:46 | 滋賀 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする