2014年05月10日

なるほどね


今朝は、息子を 部活動の遠征試合のため、6時に車で送りました。
そんなんで、貴重な朝のフリーな時間が取れましたもので。
ほんのちょっぴり、おGN号のメンテナンスを。
140510-062158.jpg


このGWにメンテしようと思ってたのは

クラッチ板交換
上記に伴う、オイル交換
フロントデスク パッド交換
上記に伴うブレーキオイル交換
リアサス交換
スピードメーターケーブル交換

そのうち、簡単な、リアサスとケーブルを触りました。


140510-184844.jpg
リアサスは、マフラーのボルトと、架台兼リアグリップバーを外せばポン付けです。
これで、3回目の交換になります。
国産GNの部品にこだわってたんですが、なにしろ、それぞれ骨董品ですんで、
すぐに、シールが切れてオイル漏れしました。
まあ、オフロードを楽しむにはそっちの方が、ダンパーが効いてないので都合がいいんですが、
なにしろ、漏れたオイルが目障りで・・・・
これから、暑くなるにつれ、ますます漏れが顕著になるものでして。
うまい具合に、オークションで、GN−H用のリアサスが出ていたもので、落札しました。


ちょっと、ほんの出来心で、バーを外して取り付けました。

140510-183412.jpg

140510-183528.jpg

140510-183436.jpg






なるほどね〜

このグリップバーがないほうがいい って方の気持がわかりました。
これはなかなかいいんじゃないの

スタイリングがどうの、格好がどうの とあまりこだわらない方ですが、
これはこれで、まさしく 「単車」 って感じになりますね。


posted by udonko at 22:52 | 滋賀 | Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月11日

オリジナル工具

先週のさば街道の下りで、やっちゃったシフトペダルですが、
やはり、ちょと向きが微妙に違うんで、修正しました。

140409-082558.jpg
これ、マイオリジナル工具です。
12mmのベンダーをガス管につっこんでます。
工具箱に入れるため、長さ400mmでカットしてますが、結構使えます。

これと、マンホールの蓋が近くにあれば、そこそこの材料を曲げることが出来ます。
本来の鉄筋を曲げる仕事より、他の仕事をしてるほうが多いです。
農機具のチョとした補修なんかにも使えますんで重宝してます。

ステップと、シフトペダルをチョちょいと曲げてやって、
気になっていた、バッテリーの充電をしてやりました。

140409-083052.jpg


posted by udonko at 22:34 | 滋賀 | Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月10日

プロの仕事


NETのバイクブログを見ていて、自分でメンテなされている記事を読ませていただくと、
色々な、新しい発見をする機会があります。

「へ〜 そうなんだ」 とか
「なかなかやるじゃん!」
「うそ〜 そこまでやるん?」

とか興味津津で読ませてもらってます。

ごちゃごちゃと、工具を使って、機械をメンテするって、なんか こう オヤジの世界と申しましょうか。
メンテ自体が、バイクに乗る行為と同等の楽しみ だったりしますよね。

こればかりは、やっぱし 男の世界みたいな偏見を持ってます。
男の子に生まれた以上、成長の過程で、機会いじりに キュンとなる機会があったはずです。


私の場合、祖父が、通勤用で使っていた、自転車のパンク修理作業に立ち会った時でしょうか。
まあ、道具は、家のあり合わせのものだったと記憶してますが、


ここを外して、チューブを取り出し・・・・水につけてパンク箇所を見つけ・・・・・
乾かして、軽石でキレイに磨いて、ボンドを塗る・・・・・
すぐ、貼り合わせたらアカン!  ちょっと乾いてから貼り合わせて、ハンマーで叩き空気を抜くと・・・・


祖父が、工程を詳しく教えてくれたのを 子供ながら記憶に残ってます。
祖父の目の前には、キラキラ目を輝かした孫の顔があったんじゃないかと思いますね。



TLRに乗っていた頃に、修理程度のメンテはできるようになったんで、
2輪館みたいなところに行っても、修理現場って見んようになりました。

今時のバイク屋さんは、ある意味オープンで見せてくれますよね。
昔は、なかなか見せてくれませんでしたよ。
っていうか、 しゃちょ〜=営業部長=工場長 でしたので
おそらく、仕事は、周りが静かになってから、夜なべでメンテやってたんだろ〜な〜。




話は少しかわって、家のトラクターのお話。
実は、春先に、フロントアクセル付近から、デフオイルが漏れて、要修理の状態でした。
バイクに例えると、フロントフォークオイル漏れ に該当するんのかな〜。

そこで、某農機具メーカーの整備やってる、下の弟(GSX-1100の持ち主)に修理を頼んでいたのですが、
なにぶん、稲刈りシーズンを終え、麦の播種、大豆の収穫等があり、その後もバタバタしてたみたいです。

純正部品を用意してくれて先日直してくれました。

131208-190344.jpg

131208-191754.jpg

131208-191944.jpg

131208-192458.jpg


いや〜 恐れ入りました。
作業の手際良さ、 もう尊敬の域ですわ。
素人とは全く作業が違いますね。
私なら、どれだけ、タバコ吸って、コーヒー飲んで途方にくれていたでしょう。

特に、バラシの時の力のかけ具合 とか、工具の使い方
(部材の厚みがあるためハンマーで ガツン ガツン)とか
作業にみとれてしましましたね。

あんまり、じろじろ見るのも、本人にしてみれば、きっと気が散るみたいでしたので、
「先に帰るけど、今日中に終わるかな?」
と声をかけたら、(作業開始が午後7時からでしたので・・・)

「楽勝〜。あと2時間もあれば、完了や」と

いや〜参った 参った かっこいい プロのセリフを聞かしてもらいました。




posted by udonko at 17:48 | 滋賀 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする