2010年12月05日

はじめまして PART6 バイク購入後に購入したもの

GN125を手に入れてから購入したもの

ほとんどオークション手に入れたで中古商品です。
もともと手を加える覚悟でしたが、少々先を見すぎて(リアタイヤ、ヘルメット分)予算オーバー.
バッテリーとチェーンは先立つものができてからということで。

bokiboki296-img600x450-127606393192w83b19149.jpg


ヘルメット(ヤマハ ゼニス YJ-5) 落札価格¥1800

masanananono-img600x450-1277821449g2kjl465654.jpg


リアボックス(GIVE E16) 落札価格¥1810

600x450-2008051000002-21.jpg


ブレーキパッド 落札価格¥1200

nah04236-img600x450-1279804744knbv012196.jpg


リアサスペンション 落札価格¥500

wakitaenterprises-img600x450-1276683261geej1x39996.jpg


リアタイヤアッセンブリー 落札価格¥5200 ツーリングで取りに行った商品(ガソリン代と缶コーヒー2本分代ですみました。)

それぞれに送料は別です。


posted by udonko at 07:39 | 滋賀 | Comment(0) | TrackBack(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月04日

はじめまして PART5 ツーリング

GN125でのツーリングスタイル

このバイクのツーリングを想定すると。
まず、マスツーリングには不向きじゃないかと思います。
大きな排気量のバイクについていくには、スピード的にストレスがたまりそう。
遅くはないんですが、一番気持ちのいい巡航速度は、50〜60Km/hで、ついていくにはもう10〜15Km/h無理をしなくてはならないから。
また高速が使えないので、無理をするか、してもらうことになる。またスクーターのツーリングには、少々ういた存在になるだろうし、気分がそう軽くなれないと思う。
「てやんでぃ!オーバー750にだってついていけるし、かわいいスクーターにだって同伴してやるぜ。」
バイクはそうでも、ライダーがその気になれない。
「そりゃ。ライダーの勝手じゃないかい。」
結局、気ままなソロツーリングが、このGNには向いていると思う。
リアシートは自分専用のツーリングバック用に、口うるさいお荷物はお断り。
好きな速度で、好きな気分で、思うままツーリングするのが、GN風の楽しみ方だと思います。
他のサイトの方々も同じような考え方だと思います。
(あまりマスツーリングの写真は見ないから)

そんなおGN号と行ったところと将来の夢を紹介します。
基本的に一人ツーリング。弁当持ちの日帰りパターン。

琵琶湖1周
何回、回ったことやら、でも滋賀といえば琵琶湖。飽きません。季節の移ろいの琵琶湖いいです。ただ写真がとるのが下手で、勉強しようと思います。サイトの出来は基本いい写真からでしょうから。

F1000112.JPG
 

石山・宇治田原・信楽の山々
ショートツーリングにもってこいの場所です。
舗装林道を何本かつないでお気に入りのコースを作っています。今では1日で回りきれない距離になりました。どこからスタートするにせよ自宅から20分もあれば、スタートできるし、どこでゴールしようとも、30分もあれば帰宅できます。(途中棄権はかなり時間がかかりますが)
何よりそんなに移動に時間をとる必要がなく、思いついたらすぐ楽しく走れるところがいい。
新緑の。紅葉の木々の中を走りぬける楽しさはなかなか言葉では表現できないほど楽しいものです。

F1000064.JPG
 
F1000050.JPG


オークション商品受け取りツーリング
大きな商品を送料をケチるため(?)取りに行きました。名古屋一宮まで。人件費を考えなければ、安く上がりました。


夢はいつか行った北海道に行きたいなと思ったりします。
「おう!いいね。バイクの聖地北海道。いつか連れてってくれ。頼んだぜ!兄さん。」
「もう少し(?)時間かかるけどね。しばらくは滋賀の田舎で我慢してくれや!」

 
posted by udonko at 06:08 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月03日

はじめまして PART4 GN125の長所・短所

GN125の長所 短所

長所
わーい(嬉しい顔)こんなに楽しいバイクなのに、安い。
 いろんな面で安い。他のサイトでも書かれてあるように税金、自賠責、任意保険のファミリーバイク特約。車両本体価格。オークションで出回っている中古部品価格。オイル量、信じられないほどの低燃費。有料道路の通行料 どれをとっても安い。
わーい(嬉しい顔)優れたエンジン特性
 そりゃ200ccや250ccと比べたら物足りないが、エンジンのすべての回転域を使えるのは操作する側にとっては非常に楽しい。低回転の2000rpnからレッドゾーン付近の10000rpnまで実用回転域として使える。この年齢では250ccのエンジンは力がありすぎて少々扱いに困るところがある。
わーい(嬉しい顔)部品供給
 専用のカスタムパーツはほとんどありませんが、一般部品はまだSUZUKIより部品供給が可能で、いざとなれば、中華GNの部品がそこそこ使える。(国産GN車から見ると非常にありがたい)
わーい(嬉しい顔)車体サイズ
 取り回しが非常に楽で、旧道の狭いところにも、臆することなく入っていける。また人目にも威嚇するようなサイズではない。信じられないような林道でも、そのサイズの小ささと、エンジン特性のよさでグイグイ入っていける。
わーい(嬉しい顔)スタイリング
 昔のアメリカン風のスタイルは飽きが来ないうえ、いまどきのバイクと違って部品に金属がたくさん使用してあって磨けば、光るというある種の愛着がわく。
わーい(嬉しい顔)万人向けのハンドル
 ハンドルの形状がよく、万人向けの調整ができる。GNの乗りやすさは、このハンドルのおかげといってもいいぐらい。
わーい(嬉しい顔)おもちゃじゃないサスペンション
 当たり前だが、前後とも十分なサスストロークがあり、この体重でも一般道では滅多に底づきすることはない。

短所
もうやだ〜(悲しい顔)車体サイズ
 長所でもあるが、逆に唯一の大きな短所でもある。バイクにまたがってのサイドから写真はどうも不細工で取れない。身長の大きな人にとっては、買い替えの大きな原因になるだろうと思う。サーカスの熊さんの自転車状態。これからGNを新車で買おうとしている皆さん。禁断のサイドからの写真を載せますので参考にしてください。ちなみに私のサイズは、181cm、87kg、おなか周り91cmです。

120302.jpg
 
120301.jpg
 
120304.jpg
 
120305.jpg



タンデムも問題なくできるシートとエンジンパワーがありますが、他の人が、リアシートに乗ってくれるかは、少々疑問です。わが娘は乗ってくれないでしょう。息子にすら
「小さいから、乗って走れるの?」
と聞かれたぐらいです。もちろんその後、くそ生意気な坊主は乗せていませんが。
もうやだ〜(悲しい顔)しっくりこないシート
 これもサイズの問題ですが、シートが低すぎて、長距離を走ると50Kmでしりが痛くなります。大きくて、厚さもあるように見えるのですが、実際は底上げされており段違いのところはかなり薄い。でも他のバイクのシートに比べれば十分に大きく厚いのですが。
もうやだ〜(悲しい顔)車載スペースがない
 当たり前といえば当たり前ですが、車載工具を入れる小さなスペースしかなく、バックか、キャリアボックスを取り付けるのを余儀なくさせられる
ちっ(怒った顔)あまりにも暗すぎるヘッドライト
 暗い!の一言。きょう日、スクーターでもあんな暗くはない。昔のカブ号だってあんな暗くはない。ナイトツーリングなんて、考えられない。夜中に山の中でまよったら恐ろしくて、恐ろしくって。

「で、兄さん結局何が言いたいんだい。そりゃいいところも悪いところも誰だってあるじゃないかい!」

そうです。ただこれからGNに乗ろうとしておられる方に、このサイトの読者に私が感じたこのバイクのインプレッションを伝えたかっただけです。
この後も大切に乗っていきたいとおもいます。

posted by udonko at 01:55 | 滋賀 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする