2011年01月31日

バイク遍歴 これは面白い編

これは面白い編

あんどんカブ号が廃車後、母がお買い物用にユーディミニを購入。
しかしとてもツーリングユースにつかえる代物ではなく。
しばしバイク不在の時が流れる。

浪人時代、神戸の悪友Y君の誘いでしばし下宿にお泊りする。
(前編の出会い編に登場したK君ともども幼馴染でこの二人がほとんどバイクの火付け役のようなもの)
その下宿先のアパートに止まっていたのがDAX ST-50だった。
02.jpg

アメリカンDAXST-50
ハンドルだけアメリカン(ハンドルだけGNとよく似ている)

DAX1.jpg
この車両はオートマチック仕様ですメーター回りも実にシンプル
タンクがないのでニーグリップが出来ない

翌日アルバイトのY君を電車通勤に変えさせ、1日バイクを借りる。
秋の紅葉の時期だったと記憶します。
天気はよく気温も、トレーナー、パーカー位で走れるまさにツーリング日和だったと思います。
非力ながら、4速クラッチのおかげで、六甲山にも登れました。
そこからの下りは木漏れ日の中、本当に気持ちがよかったです。
当時原付のヘルメット規制はなく、ノーヘルで走る感覚は、開放感そのものでした。
(今から考えると本当に危険そのものだったですが、
今時の若者がハーフヘルメットをずらして被る乗り方も心情的にわからんでもありません)

三ノ宮の町も、原付ならではの、取り回しのよさで、あちこち回れましたし、
異人街も今ほど込んでなかったのでくるくる回れました。

わずか1日でDAXの虜になってしまいました。
これは面白いとマジに思いました。

話を進めるに、今の相棒GN125は
このDAXの楽しさの延長上にあるんじゃないかと思います。

軽くて、取回しがよくて、パーソナルなサイズが同じように思えます。
ちょっとパワーがある分GNの方がより面白いですけど。

そんなY君のDAXですが、在学中に盗難にあい、
発見時には変わり果てた姿になっていたとの残酷な最後だったと聞いています。
当時中型を買おうと思っていたので、次の大学編に出てくるスズキの原付をY君にプレゼントしました。

posted by udonko at 20:00 | 滋賀 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | バイク昔話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月30日

バイクなる乗り物との遭遇編

滋賀県北部ではとうとう大雪警報が出ています。
大津ではこんなに晴れているというのに。

それではお約束どうりバイク遍歴その1 バイクなる乗り物との遭遇編をお送りします。

私にとって初めて出会うバイクはあのホンダの名車スーパーカブC-50です。
しかも今では貴重な「あんどんカブ」です。NETでちょっと写真借りました。

01.jpg
まさにカブたるフロントビュー うちのには前かごがついていました

c50b.jpg
独特のストップランプとマフラー

SA310016.jpg
あんどんカブたるポジションランプ

SA310020.jpg
メインキーの差込口なぜかパイロットランプがついていました

祖父が近くのホンダの展示場(車の)で買ってきました。
確かこみこみで8万ぐらいだったと思います。
車の免許も持っていたのですが、ちょっと近所に行くのに購入したものです。
結構お気に入りで、そこそこ毎日お出かけしていたみたいです。
中3の時、悪友のK君に誘われ無免許で
あんどんカブを少し(ほんの少し1Km)町内1周したのがほんのさわりです。
無免許運転はそれだけですが、普通免許取ってからふと思い立って京都にツーリングしたのが、
この世界への入り口だったように思えます。

その後、結構いろいろ面白いところにも行きました。
京都と滋賀の境 花背峠や(今では舗装されているような?)
笠取の国際ゴルフコースから醍醐寺に降りる東海自然道。
カブの耐久実験ばかりやっていたような記憶があります。
もちろんそんなやわなコースでは音も上げませんでしたけど、
こっちがめげてしまうこともしばしばでした。
スピードこそ出なかったけど、とことこと走るには最高の相棒だったです。


祖父の転倒事件で廃車になったけど、まだ十分に走れたと思います。
でもご主人のいないバイクはどうにもできなかった。(後で原付の維持費がこんなに安いものだと気づくのですが)
もらっとけばよかったなー。

posted by udonko at 18:29 | 滋賀 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | バイク昔話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月29日

新しいカテゴリ

この寒い時期用にバイク昔話というカテゴリーを作りました。

今年の冬はこれまでのバイクの経歴を、来年まで続けることが出来たなら、
来年の冬は若かりし頃のツーリング話でもつづろうかなと思っています。

バイクなる乗り物との遭遇編
これは面白い編
大学前半編
大学後半編
通勤用編
トライアル編
趣味としての編
氷河期編
そしてGN編

だいたいこんな具合に分けられるんじゃないかなーと思います。
その時期ごとに出会ったバイクと思い出などつづろうかなと。

posted by udonko at 23:57 | 滋賀 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | バイク昔話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする